SUIT:スーツ

人間工学と解剖学に基づく人体の関節・皮節のメカニズムとスーツの関係を徹底分析。

フィッティングと動きやすさを実現した、ダイビングスーツの革命とも言える快適さを是非体感してください。

水中での高い保温力
深場に潜行して水温が低下したときにこそ、保温性が求められます。マレスは水圧の負荷を想定した素材選びにこだわっています。
着脱しやすい
保温性を重視すれば身体にフィットするサイズを選ぶことになりますが、一方で着脱しづらくなってしまうという弊害が生じがちです。このジレンマを解決するため、マレスは抵抗の大きい部位、特に手首や足首の着脱性を高めることにこだわっています。
収納を考慮した設計
動きにくいスーツは体力を余計に消耗し、エアの消費を早めます。マレスは素材の柔軟性だけに頼らず、動体パターン技術を導入することで、「水中でも動きやすく、暖かく、なおかつ耐久性を損ねない」ことにこだわりを持っています。

スーツの特徴

A.C.T.:Anatomical Cutting Technology

究極の動きやすさを実現するため、“皮膚の再現” を目指して開発した独自のパターン(型紙)技術。水圧の影響が小さいので『水中でも動きやすさ』が損なわれず、圧力耐性のある素材を採用できることで『高い保温力』を維持できます。またこれによって、エアの消費量が節約され、減圧症リスクを軽減する効果も期待できます。

重器材
REGULATOR:レギュレーター
GAUGE:ゲージ
BC VEST:BCベスト
COMPUTER:コンピュータ
軽器材
FIN:フィン
MASK:マスク
SNORKEL:シュノーケル
SUIT:スーツ
ACCESSORIES:アクセサリー